トウキョウ*リアルワールド

生存報告という名の備忘録

#先月の生存報告[2021.Jan]

 前回の生存報告冒頭に新年の挨拶を書いてしまったせいで今回冒頭をどう書きだそうか悩んでしまって書き始めるのが遅くなりました。そんなことある? ショートストーリー書く時も基本的には冒頭のインパクトありきで始める癖があるので、まあ恐らく文章を書くとなると一生こうなんでしょうね。思い返せば僕が最も愛する書籍であるみーまーとかも割とそういうとこありますし、残当感は無きにしも非ずというやつです。Januaryの記事だしあけましておめでとうございますって言いたくなりませんか……? まあ書いてる今そももう2月が終わりかけなんですけども。サイレント更新に至った前回はともかく、今回はちゃんとタイトルに辛うじて偽りがないので大目に見て頂きたいです。

 ところで先述の通り僕はこの前置き部分をどう切り出したものか困ったのですが、過去の生存報告で冒頭に何を書いていたのかしら…と覗き見てみたら卒論の話しかしてなかったので絶望して過去記事を読むのをやめました。僕がテキストを何らかの形で残しているのはたいていはその頃の記憶を失った未来の自分が読み物として読むためのものなのですが、直後にうっかり振り返ると継続ダメージが入るものって真面目に書くべきなんでしょうか。それとも逐一書いておけばいつかは傷が癒えて「こんなこともあったなあ」と思える日が来るのでしょうか。卒論どころか8年前の傷すら草属性付与時に燃焼食らったかのごとく新鮮に傷むので、まだまだ道のりは長そうです。閑話休題

 一月は本来であれば家族旅行に行ったり何かとイベントのあった月だったのですが、ええもう全部コロナのせいです。夏に北海道へ敢行したときも結局最後まで渋っていた母が今回はさすがに父を説得したようで、まあ是非もないよネ! 就職先の都合上、過去の海外旅行等々のように半年以上前から日付ベースで予定を調整するのは社会人になったら恐らく無理だよとは言っていたのでこれで推定最後の家族旅行が潰えた訳ですが、まあ家族っぽいあれやこれやに1番拘る母がそれでいいと思うならいいと思います。沖縄は行きたかったけどなぁ……コロナ禍の混乱が収束したら是非リベンジしたいものです。 

 

 

★すていほーむ★

 卒論から解放されて週毎のタスクが研修だけになったので、だいぶ日々に余裕が出てきました。具体的には晩御飯をよく作るようになりました。

f:id:tokyorealworld:20210227084413j:plain

これは皮から作った小籠包

 noteの方にも時折雑なレシピ(という名の備忘録)を載せたりしていますが、食に対するモチベーションは比較的高いほうだと思っています。母親が割と「子供の口に入る食べ物」について煩かったせいでしょうか? 栄養素レベルで意識できる訳ではありませんが、何かが足りてないなと思った時に追加のメニューを考えたり、スーパーで安かったものや冷蔵庫の中身から献立を考えるみたいなムーブメントにはだいぶ慣れてきました。恐らく一人暮らしをしても食生活はある程度健全に回せるだろうと自負しているので、そういう意味では母の食育はわりと成功と言えるのではないでしょうか。

 ちなみになぜ食育と形容したかというと、別に彼女が元から食の意識が高い人間という訳ではなく、どちらかというとむしろ食が細く偏食気味だからです。私が成人した頃辺りからその片鱗は見えていたのですが、母親は「体にいいものを食べさせよう」とはしてくれるものの食そのものへの解像度が飛び抜けて高いかと言うと別にそんなことはなく、具体的にはボルシチにしめじを入れようとしたりフォーにほうれん草を入れようとしたりします。百歩譲ってジャガイモの味噌汁にしめじを入れてほしくないのは僕のこだわりすぎということにしておきます(しめじは食感の主張が強いので、ジャガイモを箸でつつけば崩れる程度まで柔らかく煮た味噌汁にわざわざ入れようとしないでほしい──という話が通じず定期的に揉める)が、豚肉と舞茸のフォーってなんですか? 別に不味くはないけどそうじゃないじゃん……。これを自分で言うのもなんですが、「美味しければそれでいい」志向の人間から割と料理に凝るタイプの人間が育ったの、客観的に見て割とすごいと思います。フォーといえば牛肉とネギだろ、違うものでもせめて鶏肉とかもやしとか。まあ僕もパクチーはちょっとしたトラウマなので入れませんが…

 掲載画像の小籠包、母のインスタの反響を見る限りでは普通家庭で作らないだろみたいなリアクションが多かったのでそう感じる方のほうが多いのではと邪推しますが、普通の餃子のたねにゼラチンで固めたスープを混入させるだけなので割とマジで簡単です。市販の餃子の皮では薄すぎてそのスープをもたせるのが無理なので生地を作る必要がありますが、30分寝かす時間を見ておく必要がある以外特に難しいことは何もありません。皆さんも一度作ってみてはいかがでしょうか? 蒸籠と蒸籠を載せる小鍋は是非買ってください。小籠包以外の活用法として、野菜が足りてないなと思った時にとりあえず適当にブロッコリーとかキャベツなどの野菜を切って蒸かすの、マジでオススメです。あとスーパーの肉まんとか蒸かすのも楽しいので。 

 

 

★ぐらぶる★

 光古戦場は結構真面目に走ったのにも関わらず前回の方が順位が高かったのでどうして…?となりました。まあ、初心者なので順位とか気にするほどでもないのですが…。戦力数値が上昇していくこと自体もそうですが、こういう「数値上の評価が目に見えて向上していく」のは経験上僕の報酬系を割と刺激するようなので、戦力が揃ってきたら個人の順位を上げることそのものも目標に出来たらいいなというところでしょうか。現在のところは、ひとまず個人ランキングで勲章を貰えるようになっただけ褒めて欲しいという気持ちはあります。

f:id:tokyorealworld:20210228143300p:plain
f:id:tokyorealworld:20210228143306p:plain
劇的ビフォーアフター・実際の装備編

  十天衆は六周年の配布の際に推しに勧められたソーンを加入させた他は1人も持っていなかったのですが、今回の戦果ガチャで集まった天星器でエッセルが無事加入しました。今後は全体的に強化していく以外に闇属性を強化していきたい気持ちがあるので、次の加入候補はシスでしょうか。こちらもゆっくり頑張っていこうと思います。

 他にも、Twitterで見つけてから暫くお世話になっていたノルマ無しの騎空団を辞め、新たにdiscordのついている騎空団にお世話になることに決めました。まだランクは120になったばかりのひよっこなのでマルチバトルの知識は申し訳程度ですが、攻略サイトを見るだけではカバーしきれない疑問点や攻略サイトによって意見が割れていて判別がつかないような疑問に答えてくれる方々がいるのは非常にありがたいですね。水古戦場に向けてどのキャラを育てていけばいいのかなど幾つか意見を頂戴したので、春までに今度はEX+がOTKできるくらいの編成を作れたらいいなと思っています。

 

 

★こんぱすAR★

 当初は「この情勢下一人でわざわざ渋谷に出るのはなぁ…」となっていたため行く予定はなかったのですが、コンパスARに行きたい/行くことになったという話を再三していた後輩がコロナのせいか同行者をロストしたそうなのでついて行くことにしました。まぁ、もともと零夜の衣装欲しかったしね。

f:id:tokyorealworld:20210228151412j:plain

My sweetie…

  この企画には取得した位置情報で進行する謎解きゲームの他にも、位置情報によって異なるヒーローを検知してARで現実の渋谷を背景にヒーローの写真が撮れるという機能がありました。ただ残念ながら、僕の場合は推しを近くに感知した時に限ってARを起動すると全然別のキャラが出現していましたが。こんな時に限ってバグるんじゃないよGPS。どうしてもリリカちゃんの写真が撮れなかったのは心残りですが、まあルルカの妨害でも入ったということにしておきましょう。それなら許す(何を?)。

 ちなみに、撮影できるキャラには位置情報にデータがあるだけで謎解きに直接は関与しないキャラと謎解き本流に関連してARのデータが用意されているキャラの2パターンがあったのですが、後者であったメグメグは本編通過後にAR撮影をすることは叶わなかったのでちょっと泣きました。何回指定位置で起動しても勇者しか出てこねえ。なんだお前。

 謎解き自体も結構面白く、こんなゲームとコラボしてるくらいだから余裕でしょという予想は見事に裏切られました。いつぞやのポケモンのリア脱を思い出しますね。もちろんリア脱の時とは異なりこちらには答えの一歩手前までヒントを提示してくれる機能があったためゲームクリア自体は難の無いものでしたが、出来ればヒント機能を使わずに突破したかっただけに悔しかったです。開催期間は終了しているもののネタバレNGという制約がある企画の為一応詳細は伏せますが、早い話が実際の街から得られる情報が謎に関連しなければこんなの別に実際の街で開催する意味ないんですよね。現在並行して書いている「シロナガス島への帰還」プレイ実録でも多少の言及がありますが、僕自身提示された謎に対して思索を巡らすこと自体は不得手ではないもののその段階までに得られうる情報を統合して推測すること自体はあまり上手くないので(情報の取得時点でメタ的な要不要を推測して割り振ってしまうので不要側に振った情報を想起する頭がない)、これは見事にしてやられました。リアル脱出ゲームの類はこれまでも度々フォロワーさん達と参加していますが、実世界を歩き回るタイプの謎解きゲームは初めてだった(気がする)ので、今後機会があればぜひまたやってみたいものです。

 

 

★げんしん★

f:id:tokyorealworld:20210228222520p:plain

これで残る未所持恒常☆5はモナだけになりました

 初めて見た時から密かに欲しかった七七がようやくお迎えできました。わあい! ヒーラー的役割を担えると聞いていたので勝手に法器キャラだと思ってましたが、片手剣なんですね…まあ大した問題はありませんけども。僕個人としては璃月人の衣装のデザインが結構好きなのですが七七も例外ではなく、色としても寒色系が好きなのもあり見ているだけで楽しいですね。別にロリコンではありませんよ。ないったら。待機モーションに七七が強風に吹かれるものがありますが、草原であれをやるとちゃんと足元の草も風に吹かれるのが芸が細かくて感動しました。バーバラの親密度(?)を上げ切ってしまったので、早いところ七七も実用レベルまで育成して使ってあげたいところです。

 そして名刺報酬もあった無相討伐イベントですが、近年稀に見るクソイベでした。いやまあ僕の育成が甘いと言われればそれまでなのですが。これでもそこそこまじめにやっているつもりだったので、その僕がフレンドと連携しても報酬集めが難航するとなるとこれはソロプレイヤーにだいぶ手厳しくないですか…?となるなどしていました。サーバーに人を集めておいてよかった。せめてキューブどもが恒常と同じ攻撃パターンをしてくれていればまだマシだったのですが、風の蝶とか割とクソでしたね。できればもう二度と来ないでほしいと思います。

 それから、今月はスライムランドが開園しました。

webstatic-sea.mihoyo.com

 スライム用施設の購入やデータ連携による報酬の受け取りは1/31までということでしたが、どうやらサイトの方は生きているようなので、真面目にスライムランドを育てた各位は定期的に眺めに行ってはいかがでしょうか。個人的なおすすめは雪を降らすと笑顔になる氷スライムです。

 

 

★こんぱす★

 お母さんやら花火やらが2凸したので随分と160ラインで組めるデッキの幅が増えてきましたが、昨秋辺りから完全にタイオワチーちゃんメグメグに魂を売ってしまったのでそれらが日の目を見ることはありませんでした。色的にも火力的にもちょうどいいんですもの…鬼だって多少なら怖くないし…。最も早く2凸したソーンに比べれば腐ることはないカード群だとは思うので、今後に期待ということにしておきましょう。

 ブラチ期間から妙にモチベが高く、以前に比べると固定記録のスクリーンショットの多い一か月でした。シーズンのリザルトはまぁまぁといったところでしたが、最終的にはS5まで上がっていたのでやや進歩を感じます。何か目標を作るのであれば、シーズン期間中にS4に乗せようくらいでしょうか。現在所属中のギルドにノルマはありませんが、いけそうな気はしなくもないので次回からは頑張ってみたいところです。

 

 

★いろいろ★ 

 例年は年越しというと家族で旅行をしている最中に迎えることがほとんどで、唯一コミケに参加するのだと主張したところ日本に一人置いて行かれた昨年の年越しも母の知る=許す範囲の友人(と書いてフォロワーと読む)を自宅に招いて年越しパーティーをしていたという中、あまりにも今年の年末年始は新年を迎えた気がしなかったので最近微塵も起動してなかったソシャゲで福袋を引くなどの暴挙に出ていました。

f:id:tokyorealworld:20210228222513p:plain

育てないキャラを引く必要はあったんですか?

 放置勢という割には実はアトランティスまではストーリーを読んでいるので「意外とやってるじゃん」などと言われたりするのですが、イシュタルやらスペースイシュタルやらギルやらがLv.1で放置されているカルデアはおそらく『やっている』うちに入らないでしょう。このメルトリリスが実用レベルまで育つのもいつになるやら。もはやCV.伊瀬茉莉也の水着ぐっちゃんパイセンすら2枚しか拾えてないのでお察しです。サマーキャンプが復刻するか、フルオートが実装されたら起こしてください。

f:id:tokyorealworld:20210228222504p:plain

心眼の衣装が鮮明に見える神コンテンツ

 第五人格にも気が付いたら謎のモードが追加されていました。これはいったい何ですか? ブラックジャックやタロットよりはプレイしていて心が荒まないような気がしますが、これを考えた人の頭の中には何が詰まっているのか一遍拝見してみたいというところですね。どのキャラで参加しようが特質の反映がないのがせめてもの救いでしょうか。

 マップとしては月の河公園が流用されているはずなのですが、ピエハやテント周辺以外は専用オブジェクトや独自ルートの影響もあってかどこを走っているのか全く分かりません。ちょうど月の河公園実装当初のことを思い出しました。僕が第五人格を始めたのは湖景村実装直前だったような気がしていますが、どこを歩いても同じように見える湖景村に対して、明らかに違う場所であることはわかるにせよ現在地がどこだかわからない月の河公園はまた違った苦手意識があったのを覚えています。今ではどこでも心眼でほっつき歩けるのですから、我ながら大したものです。

 この謎の運動会には2つのモードがあり、6人で個人対抗戦を行うものと2人ずつのチームになるものがあるのですが、潜った初手でペアになった人がCoA心眼の衣装で合わせてくれたので最高でした。最推しキャラである心眼は特に通常推理だとモノクロの画面でしか衣装が見られないので、こういう体験ができると楽しくていいですね*1。スキンにまあまあ金を入れているのもあって、片思い戦とかこういうどうでもいいところで買った衣装を使えるのはけっこう嬉しかったりします。そろそろランク戦も復帰しようかしら……

*1:似たような理由で居館実装時にも大騒ぎしました